解像度は用途に応じて選ぶべきもの?



カメラの解像度、テレビの解像度、プリンタの解像度などいろんなところで聞く解像度。

そもそも解像度とはなんでしょうか。

解像度とは「カメラ、テレビ画面、コンピューターのディスプレイやプリンタなどで、表示できる画像や文字の精細さの度合い(参照:小学館日本国語大辞典)」

繊細さの度合い・・・画素(ピクセル)と画素の密度、つまり、画素が密集しているほど、解像度が高いことを示しています。


解像度の単位は画像解像度(ppi)と印刷解像度(dpi)とあります。

単位

ppi(pixels per inchピクセル・パー・インチ)画像解像度

1インチあたりのピクセル数/カメラやディスプレイなどの画像解像度

dpi(dots per inchドット・パー・インチ)印刷出力解像度 

1インチあたりのドット数/プリンターなどの解像度


ここで重要なのが、ピクセルには決まった大きさないということです。

数値が大きければ大きいほど滑らかになります。


画面解像度をより詳しく

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E9%9D%A2%E8%A7%A3%E5%83%8F%E5%BA%A6

パソコンのディスプレイ上で表現できる画素数(出力画素数)

https://en.wikipedia.org/wiki/File:Vector_Video_Standards.svg

解像度の歴史はどんどん数値が大きくなってきています。

昔のブラウン管は640×480が限界であったと言われています。

現在のPCモニターの主流はフルHDで1920×1080です。 もちろん、それ以上の解像度を持つモニターもあります。

スマホの解像度は決まっているものがなく、機種によってバラバラです。

最新機種ほど数値が高い傾向にあります。どこまで行くのですかね・・・

【2020年度版】スマホ解像度早見表 - iPhone/Android

バラバラでーす

2K,4K,8Kのサイズや名称

2K

フルハイビジョン 1920×1080 = 2073600 

4K

ウルトラHD

DCI 4K 4096×2160 =8,847,360  映画、カメラ 4K

UHD TV 3840×2160 =8,294,400 テレビ放送、テレビ受像機、ディスプレイ 

DCI 4Kは映画制作会社が加盟する団体 Digital Cinema Initiatives(DCI)で定められている4Kである.

4K解像度 - Wikipedia

8K

スーパーハイビジョン・8K UHD 7680×4320 = 33177600

次は何Kになるのでしょうか?もはや次の名前にどんな最上級の言葉がつくのでしょう。

解像度はどんどん滑らかになり、私たちがみている視界とほとんど見分けがつかなくなる世界が訪れそうですね。

最後になぜ何Kか

四捨五入したネーミングだったのですね・・・


解像度と一口に言っても、DTPの世界、Webの世界などそれぞれあります。

いずれにしろ1インチの中にどれだけのピクセル情報があるかを理解しないといけません。

もちろん解像度の数値は高ければ高いほどいいです。

しかし、出力側のスペックや配信環境によります。

現在は大体2Kのデータが主流だそうです。


配信サイトごとの解像度の設定例

ニコ生 1280x720

ツイキャス(超高画質配信)1280x720、1920x1080

Twitch 1280x720、1920x1080

YouTube Live 1280x720、1920x1080


データーが大きいですからね、通信環境に依存します。


奥深すぎて少し混乱してますが、ここまで。

★便利情報★

液晶ディスプレイ(モニタ)の画面サイズと解像度から画素密度(ppi、dpi)を計算するツール「ppi 画素密度計算」

https://testpage.jp/tool/ppi_dpi.php








閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示