そもそもモニターってなに?

モニターは英語のMonitorです。でもいろんな場所や場面で聞きませんか?

E AND I CREATIONSで販売している「ディスプレイモニター用キャリングケース」にも言葉が入っています。辞書の力を借りながら、考えていきます。



英語:Monitor ①監視・観察すること ②放送、録音など状態を監視する装置。またはそれに携わる技術者 ③機械などの作動状態を監視、点検すること、また、その装置や技術者 ④新聞社や放送局などの依頼で記事や放送について意見を述べる人。 また製造会社の依頼で、商品を使用してその感想を報告する人

なるほど、ざっくり分けると

A「(機器や装置を通じて)見られるもの、聞けるもの」

B「商品や製品の意見や感想を報告する人」に分かれます。

Bは機器の意味合いではなくなるので、ここでは割愛。

Aのざっくりと見るもの聞くものとしているので、場所や使っている機材によってイメージが変化します。


映像現場でのモニターは

「テレビ型モニター」「カメラ用モニター」「返しモニター」などなど

音響現場では

「モニター用スピーカー」「サイドモニター」「モニターマン」などなど

録音(レコーディング)現場では

「ヘッドフォン・モニター」「モニターアンプ」


いずれも状態を監視するものですが、本当にたくさん呼び方があって、覚えるのも大変です。「モニター持ってきて」と言われたら「何のモニター??」って思いますよ。やれやれ


足元全部モニターじゃないか。

送り出されたもの(アウトプット)を監視観察する装置です。

映像をモニター出来る装置はテレビ型モニターだけではなく、

プロジェクター、スマホ、デジカメ、ビデオカメラでも映像や音を確認できます。

毎日何かしらモニターしているのですね。

モニターなくして日常が語れなくなりそうです。

そんな私はよくテレビ見るのですが、じゃテレビって?モニターと違うの?

テレビとは?どんな定義があるのでしょう

①動く映像や音声、文字などの情報を、電波やケーブルを使って広い範囲に放送する仕組み。テレビ放送
②「テレビ①」の受信機
③「テレビ①」の番組

受信機!テレビは受信機なんですね!納得。では、ラジオも受信機ですね。

でも受信しているってことは「チューナー」があります。

地デジに変わるとき、チューナー買うか一体型テレビ買うか悩みました。

チューナー付きDVDを買う選択をしましたがねww

チューナーとは

①テレビ受信機などで目的の電波を選択する部分
②FM受信機などで目的の電波を選択し、可聴周波数まで変換する部分

双方に「部分」とありますね。それはチャンネルのことです。

チャンネルとは

①テレビ放送などで、各局に割り当てられた周波数帯による電波の伝送路
②テレビ局など選択するための受信機のつまみやボタン
③物事の経路

ワイヤレスマイクの仕組みも同じで、受信機と送信機がありチャンネルを合わせて設定まします。

ディスプレイモニターとテレビモニターの違い

ディスプレイとは

①陳列・展示
②シューウィンドウや店の中などのかざりつけ
③{コンピューターで}情報を写して見せる、画面の形した装置

画面の形をした装置・・・テレビのこと?じゃ画面って?

画面とは

①絵の表面
②映画、テレビなどの、うつる面

映る面!それが画面なんですね(そのままでした)

画面のある形状の装置がいわゆる「モニター」ということですね。

世の中いろんなモニターがありますが、

テレビモニターとディスプレイモニターの違いは

ズバリ!チューナーが内蔵されているか否かの違いでした。

テレビでもディスプレイでもモニターでも「あれ」だなっと思えるわたしたちすごい

あれです。あれ



他にもネット接続機能があるかとかポートの違いとかあるんでしょうが、

今日はここまで。。。

(参照:小学館日本国語大辞典/三省堂国語辞典第七版)


映像現場にいながらも見過ごしてきた細かな用語や意味を素人目線で綴るブログ。

ディスプレイモニター用キャリングケースはモニター運搬に最適です。

https://www.eandi-creations.com/

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示